Vous êtes sur la page 1sur 2

2008.8.31 No.

は  や  ま   か  つ  ど  う

Email : yamanashi@csc.jp
FAX :

2008 8 No.9 ◇ 2007 4




31 ◇ 1977 3 16 31

見える政治へ。時流に合わせたまちづくりへ。

6 2 行政評価構築に外部コンサルタントを導入

3 “ ”
6 6 2 “ ”
必要性、
『貴重な税金を使う行政も、その事業の必要性
必要性 効率、  
、効率、  
 費用対効果を分析するべき』
費用対効果
2

小児医療費の助成 7歳未満は『所得制限なし』へ
1 7

10
7 “ ”

No.9 1)
2)What’
What’s up?

― ―
○● ●○
ℙ 『政務調査に該当しない』 政治活動や選挙の資金です
自己資金の部
議員報酬の部

議員になって1年間。いただきました報酬の手取り総額
(額面-共済費+源泉徴収)を計算してみました。 2008年8月の政治資金の残り 501,992

287,400 12 518,684 円 2008 8 1


4,794,320
20 6 630,680 H.20 4 16 H.20 8 1
別途、社会保障費支払い ▲
20 12 714,840 (国民年金、健康保険等)


やまなしの1年間の実質報酬はおよそ 440 でした。
① ▲
葉山町議会では、 17人の議員にほぼ同額(議長等の役職
※政治献金は一切受け取り
手当を除く)の報酬が支払われています。
  ません
25,000
やまなし 17 3 ※資金は歳費 (報酬) から
の自問
ℙ ,   のみ捻出します
「山梨たかひと 葉山活動レポート」No.9
2008.8.31 No.9


1.
7月8日、日本テレビのニュース特集で「真名瀬遊歩道問題」が
採り上げられました。国の交付金問題に焦点を当てた構成でし やまなし ところで、『漁港施設』 と聞くと、なかなか入り
たが、その中のインタビューで、森町長は遊歩道中止とは明言 の視点
にくい、そんなイメージはありませんか?
していません。なぜですか?公約はどうなるのですか?

真名瀬漁港内の遊歩道建設工事中止は現町長の選挙公約で
やまなし
の見解 したから、いまさら遊歩道が建設されることは、町長が公約を 
反故にしない限り、あり得ません。

② やまなし
の視点
町民の皆様へ強いる負担。行政と議員に
はさらなる努力と責任が求められています。
2.
◇ 分かりやす
新聞報道や町のホームページで知りました。
い説明 実行
葉山町がゼロ・ウェイストへ挑戦するとのことですが、町民と
して何をしなければならないのですか?また、なぜ、ゼロウェ できる方法
イストを目指すことになったのでしょうか。
◇ 数値で議論
ゼロ・ウェイストとは、「ごみ・廃棄物をゼロにして、環境や資源に
やまなし
の見解 やさしい社会を目指す」という政策で、ごみを排出する私たちの 広く・深く
みならず、その元となる、物をつくる生産者へもごみにならない 学び
物を、と求めるものです。

『今日のごみを明日の資源に』
20

What‘
What‘s up
論点
http://t
http://t-yamanashi.net
yamanashi.net
8月8日と9日の一部新聞に、「横須賀市、三浦市
が葉山町に対して計1億4800万円の損害賠償請求」との報道が。
2 7

・葉山町に根拠のある過失、不誠実な対応があったのか
・お金以外で関係回復を図る手段は

「山梨たかひと 葉山活動レポート」No.9